膝関節症になって10年、1年前から痛みが増してきています

右膝の変形性膝関節症を罹患して10年以上経過しています。1年位前から痛みが増してきています。1か月くらい前のレントゲン撮影では、大腿骨と脛骨の隙間が右膝の狭いところではほぼ”0”のところがあります。左膝は数ミリの隙間がありますが最近こちら時々痛みを感じています。整形外科でヒアルロン酸注入や整体院でのマッサージ調整など受診していますが抜本的な改善はみられません。「SCAFF」で改善を見込めるでしょうか?
*正座ができない。関節のこわばりがあり歩き始めに痛みを感じる。長く歩くと膝関節に痛みを感じる状況です。[男性、72歳]

Answer
右膝は変形性膝関節症と言われて10年以上とのことですので
かなり症状は進んでいるかもしれませんね。
当院は再生医療専門のクリニックでございます。
半月板損傷、軟骨損傷、変形性膝関節症軽度~重症な方までお膝の症状でお困りのたくさんの方がご来院になります。中でも変形が高度でヒアルロン酸では効果が続かず、人工関節を勧められた方が多くいらっしゃいます。
出来る限り手術は避けたいと当院を探して、ご来院下さっています。かなり高度の変形があっても、当院の治療で症状が改善し喜んでいただけております。
治療の適応に関しましては診察の後に判断しておりますが、現在はSCAFFより効果が高いセルソース培養幹細胞治療もございますので、併せて判断いたします。
大変お手数ではございますが、是非一度ご来院いただきお膝の状態を診せていただきたいと存じます。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています