骨棘と診断されましたが手術は難しい年齢です

91歳になる母の事でご相談なのですが、母は何年も前から膝にビリビリという激しい痛みをがあるといってヒアルロン注射をしたり病院からのクスリを飲んでおりましたが効き目がなく、タケダのアクテージを飲んで善くなったと言って安心しておりましたらまた、膝が痛みだして整形外科でエコー検査をしましたら骨棘と診断されました。母はペースメーカーが入っているためレントゲンは撮れず、歳なので全身麻酔は難しいと先生がおっしゃっていました。
色々とネットで調べて先生の治療にたどり着きました。
先生のお力で何とか母の膝の痛みを治して頂く事は可能でしょうか?何%かでも希望がありそうでしたら直ぐにでも診察して頂きたいと思います。

Answer
骨棘があるのであれば変形性膝関節症と判断できます。ペースメーカーがあるとMRIは不可ですがレントゲンは可能です。
銀座院にはレントゲン持参してください。新宿院(肩・ひざ関節痛クリニック)でしたら、院内にてレントゲン撮影も可能です。
保険でも保険外でも膝の変形の程度に応じて治療法が変わります。
程度がきついと(末期でKL分類4)保険では普通、人工膝関節となります。保険医療機関では当然保険のきく範囲でしか対処できません。
しかし技術的にできないのではなく、保険の範囲効く範囲ではそれしかない、という意味です。当然新しい治療法はまだ保険が効きませんが、将来は保険が適応されます。
しかし10年~20年先の話です。医学の発展に伴い良い治療法(この場合は再生医療分野)はどんどん開発され、普及します(医療の進歩)。実際に診察しての理学所見にもよります
が、91歳だと合併症の有無で血液のPRP-FDまたは脂肪培養幹細胞治療が妥当です。当院のホームページを料金も
含めて事前にご覧いただいて、興味持っていただければ、いつでもご相談に乗ります。初診料のみなら、3240円です。気楽に診療予約していただいて、なんでも聞いてください。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています