野球で投球しすぎで肩の関節唇損傷と診断されました

中3の息子が硬式野球をしており、投球のしすぎで2年前に軽度の関節唇損傷と言われ、今は痛みもなく投げれるまでに回復していました。
先日体育の時間にハンドボールを投げ激痛が走り肩が上がらなくなり、再び関節唇損傷と診断されました。
前より痛みがひどく少し剥がれているそうでSTEP2と言われました。
一ヶ月安静で後遺症が残る場合もあると言われました。肩も緩くなっているそうです。
この場合で、PRP治療法は効果的でしょうか?また、どれくらい改善する見込みがありますか?

Answer
関節唇の損傷部を接着させる目的ではPRP治療は有効なことがあります。
関節唇のキズの形によっては、効果が出ない、もしくは不十分なことが考えられます。
特に肩が緩くなっている場合には、効果が不十分になる可能性が高いです。
当院スタッフが直接お答えしますので、
お気軽にご相談ください。
無料メール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています