変形性膝関節症の末期です。軟骨がなくなっていてもそちらの治療は受けられますか?

変形性膝関節症と診断を受けていますが、適応診断とは、軟骨が残存しているかどうかでしょうか。末期といわれリハビリ(週1回)しながら、筋力トレーニング(自宅)を行い、仕事に出ています。人工関節手術の時期は、自分できめる(痛みがひどく外出をやめる等)ことになっていますが、進行性といわれています。将来歩行困難になりたくありません。仕事はまだやらなくてはならず、貴病院の手術は軟骨がなくなっても可能なのでしょうか。

Answer
当院の治療は複数ございますので、最終的には実際にお膝の状態をみせて頂いての判断となります。
半月板損傷、軟骨損傷、変形性膝関節症軽度~重症な方までお膝の症状でお困りのたくさんの方がご来院になります。中でも変形が高度でヒアルロン酸では効果が続かず、人工関節を勧められた方が多くいらっしゃいます。
出来る限り手術は避けたいと当院を探して、ご来院下さっています。
かなり高度の変形があっても、当院の治療で症状が改善し喜んでいただけております。軟骨がなくなっていても治療の適応外というわけではございません。
大変お手数ではございますが、是非一度ご来院いただきお膝の状態を診せていただきたいと存じます。
お膝の状態を拝見したうえで、治療の提案をいたします。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています