体操していて肩を傷め五十肩になってしまいました

半年前に床に手をついて捻る体操をした時に肩甲下筋肉を傷めてしまい、(MRI撮った時は治ってました)
4ヶ月前から肩が痛み出しMRIを撮り診断は、肩峰下滑液包炎、腱板ソブ炎症、肩甲下インピンジメント、二頭筋炎でした。
その時に注射はしなかったため癒着が起きて50肩になってしまいました。
(鍼灸治療で炎症は収まりました)
それからは病院でリバビリをしていましたが、動かさない日もありましたので固まってしまいました。
他の病院では時間がたっているから、リハビリを続けても手が挙がらないかもと言われました、まだ動きによる痛みもあります。
今後PRP注射で治る見込みはありますでしょうか?

Answer
肩軟部組織の損傷・炎症がメインであれば、PRP-FDで治療が可能だと考えますが、拘縮があるようでしたら、リハビリの併用が必須です。
当院では、PRP-FDをお受けいただくと、トレーナーが一度指導をさせていただいております。
保険医療機関では、当然保険の効く範囲内でしか対処できません。
しかし技術的に出来ないのではなく、保険の効く範囲ではそれしか治療がないという意味です。
MRI画像と実際に診察しての理学所見にもよりますが、ご来院いただければ
より詳しくお答えできますので、いつでもご相談下さい。
直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。
ドクターメール相談
関連キーワード

この相談を見た人はこんなQ&Aも見ています