肩の痛みの原因

PRP-FD治療で膝痛・肩痛が治る!

こんにちは。

 

肩や膝の痛みにお悩みの方に、PRP-FD注射をして痛みが良くなってきた、腕が前より上るようになってきた、夜痛くて眠れなかったが寝れるようになった、野球が思いっきり出来るようになったなど、私たちにも嬉しい声をたくさん頂いております。

 

そこで、本日はPRP-FD注射について少しお話ししたいと思います。

当クリニックでは、主に再生医療を提供させて頂いています。

再生医療というと難しいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかとおもいますが、簡単に言うと、自分の細胞や組織を採り出し、それを使って自分のケガや病気を治すということです。

再生医療の中に血液を使用したものがあります。

血液を使用した治療が、「PRP-FD注射」といいます。

「PRP-FD注射」とは、血液中の血小板などに含まれる、各種成長因子やサイトカインなどの特殊なタンパク質の能力を利用する治療法です。

私たちの血液の成分である血小板は、打撲や切り傷などによって血管が傷ついたときに、そこに集まり、傷をふさいで出血を止める働きをします。

実は、血小板の働きはそれだけではなく、傷んだ組織を修復する働きもあるのです。

整形外科では、そのような血小板の能力を利用して、慢性的な関節の痛みやアスリート、プロスポーツ選手の急性的なケガの治療などが行われています。

変形性膝関節症の方の中には、ヒアルロン酸やステロイド剤注射といった標準治療を続けてきたけれど改善せず、PRP-FD注射を行ったら、かなり痛みが改善したという方もいます。ご自身の血液中の血小板をそのまま使いますので、高齢の方でも受けることができる治療法です。

スポーツ選手のケガの治療に対しては、PRP-FD注射を使った方が、治っていく過程に早く乗りやすいということがあります。さらに、血小板には、抗炎症作用を持つ成長因子も存在しているため、変形性膝関節症や炎症を繰り返してしまう関節リウマチ、肩腱板断裂の痛みや、痛みの原因となる炎症に対しても、改善が期待できる治療法だと思います。

ただし、PRP-FD注射だけで改善するわけではなく、変形性膝関節症であれば、ダイエットやリハビリを行い、地道な努力で関節を保護していくことが重要です。

スポーツ選手なら、ケガの原因になっているからだの使い方のクセにも同時にアプローチする必要があります。

診察時に医師がよくいっておりますが、治療が1、リハビリが1で、両方を行うことで2が3にも4にもなっていくと、リハビリの重要性を伝えさせて頂いてます。

 

肩関節と膝関節にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連する症状

関連する治療