北 知美
2017-09-08

『膝痛』体重増加にご注意を❕🙈

『膝痛』体重増加にご注意を❕🙈

こんにちは😆

9月に入り、涼しくなってきましたねすっかり秋の陽気です!

秋と言えば…食欲の秋!!

秋刀魚(さんま)🎣松茸🍄栗🌰さつまいも🍁南瓜🍁銀杏🍁柿🍁葡萄🍇秋茄子🍆リンゴ🍎

おいしいものがたくさんですね~。

 

そんな時期に気を付けなければいけないのは、体重増加です!

膝には体重の3倍(平地の歩行時)~10倍以上(ランニング時)の負荷がかかります。

体重が60Kgの人の場合は、平常歩行時で180Kg、階段の下りで420Kg、ランニング時で600Kgです。

体重が増えれば増えただけ、膝に対する負荷は大きくなります😖

負荷が長期間にわたって続いて、膝の組織を損傷させてしまいます。

その結果、変形性膝関節症になる可能性があります

肥満の人は変形性膝関節症になる確率が男性で3.9倍、女性で4.2倍、高まるとされています。

肥満の人はお腹が出ている事が多い為、重心が前下方へ集中します。

その為、前につんのめる様な歩き方をしてしまいます。そうなると、膝が上がりにくい不自然な歩き方になります🏃

結果、膝に負担のかかる歩き方になってしまいます。

膝に負担がかかり続けると脚の筋肉が疲労してきます。すると、筋肉が骨を支えられずに骨格のねじれによりO脚になってしまいます。

O脚やX脚

O脚の進行は、膝に偏って体重の負担がかかるため、関節軟骨(特に膝の内側)がすり減る事が考えられます。

**************************************

🍴バランスのいい食事を心がけましょう🍴

極端な食事制限は、ダイエットの天敵です😿

栄養の偏りが生じやすいため、膝の各組織にも栄養が行き届かない危険性があります。

また、筋肉も衰えてしまうため、膝の痛みを緩和させるはずがかえって、痛みを増す結果を招きかねません。

食事をするとき、ついつい食べ過ぎてしまう人の特徴に「早食い」「ながら食い」があります。

「早食い」とは、食べるスピードの速い食べ方です。食べるスピードが早いほど、満腹になるまでの食べる量が増えてしまいます。

「ながら食い」は、テレビを見たり、仕事をしたりしながら食事をすることです。食べたという満足感が得られにくく、食事量が増えることになってしまいます。

食べ物がおいしい時期ですが、バランスよく、よく噛んでたべてくださいね🍞🍚🍖🍰😉