膝痛と体の冷えについて🌺

こんにちは😊

雨が多く、じめじめした日が続きますね🌂

外が蒸し暑いので、室内はクーラーを使用し冷えている所が多いです。

今回は冷えと膝痛についてお話します👆

膝の関節にある軟骨の主成分は、プロテオグリカンやコラーゲン、軟骨細胞です。

プロテオグリカンは水分をたっぷり含んだスポンジのように骨と骨を包んでいます。

しかし加齢とともに、プロテオグリカンを作る能力は低下してしまいます。

 

冷えると全身の血行不良に陥り、必要な栄養素や酸素が細胞にスムーズに行き渡らなくなります。

特に関節付近は血のめぐりが悪くなりやすくなる部分です。

血のめぐりが悪いと必要な栄養素が届かず、疲労物質や老廃物質が溜まってしまうためクッション機能が低下して、膝の痛みが発生します。

 

膝を温めて血流を改善し、代謝を促すことが膝痛の予防につながります。

膝を日ごろから冷やさないように気を付けることが大切です。

日ごろから膝を温めるようにすることで、劣化の進行を遅らせることができます。

お風呂上りのストレッチなどで、体を温めて筋肉をほぐし、血行を良くしましょう。

 

私も冷え性改善と、体の柔軟性を増やす目的でお風呂上りのストレッチを始めました

少しずつ効果がでている気がします🌞

毎日少しずつでも継続していくことが大事ですね😄