北 知美
2018-03-26

春も膝痛にご用心を❣

こんにちは😄

都内でも桜の開花が伝えられていますね🌸

近くの新宿御苑の桜も楽しみです✨

しかし、暖かくなるかと思いきや!春分の日に雪が降るなんて😨

早く春の陽気になって欲しいです🌷

暖かくなってくると膝痛が軽くなりますよね😊

しかし、油断は禁物です❕

春は暖かいイメージですが、寒暖差が激しく、体に自律神経の乱れなどがあり、それが膝痛に影響することもあります。

気温は低く、湿度が高い時期になります。

湿度が上がると、痛みの原因となる「ヒスタミン」の濃度が上昇して膝痛が起こります。

また、環境の変化がある時季なので、不安や悩みがストレスになり、痛みとして出やすいです。

身体は、ストレスを受けると緊張し、自律神経のひとつである交感神経が優位となり、筋肉が硬くなります。

すると、筋肉が血管を圧迫し、血行が悪くなります。

血行が悪くなるとさらに筋肉が硬くなり、関節周囲の血流が不足するため、膝痛が起こります。

 

気温が暖かいからといって、身体を冷やすのは禁物です。

身体を温める食事を摂り、ゆっくりお風呂につかってください✨

また、適度な運動を続けることも大切です🏃

無理のない範囲で、好きな運動を続けることでストレス発散にもなります😉

桜並木をお散歩するのもいいですね✨