膝痛の転倒リスク

こんにちは。

肩・ひざ関節痛クリニックの中田でございます😊

本日、関東地方は雪が降っています⛄

お足元の悪い中、ご予約通りお越しいただける方も多く、感謝です。

皆様本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪の日に危ないのは転倒です。

東京消防庁のデータによると、60歳以上の方だと、雪道で転んだ方の約4割が入院する

ほどのケガを負っているそうです。

また、積雪や路面凍結による転倒事故は、早朝から正午にかけて多く

発生する傾向があるそうです。

 

暮らしの中で特に転倒しやすい場所は3つ。

1)バスやタクシーの乗降場所

2)車の出入りがある歩道

3)タイル張りの地下街、地下鉄

人の出入りがある場所は中途半端に雪が溶けていたりして、

危ないそうです。

 

それでは、雪道を歩くにはどうしたら良いでしょうか。

1)小さな歩幅でゆっくり歩く。

2)足指の付け根辺りで着地する。

3)ひざから下を地面に対して垂直にする。

上記のコツをしっかり掴み、歩いてみて下さい。

革靴も避けて、雪用ブーツで歩くのが理想ですね。

今は普通の靴に取り付ける滑り止めも売っているようですので、

わざわざブーツを用意しなくても、大丈夫そうですね。

 

これからご帰宅の皆様もお気を付けてお帰り下さい!

転倒リスクに備え、お膝もしっかり鍛えましょう。

ご相談はいつでも承っております😊