膝の痛みでヒアルロン酸注射について

こんにちは

メディカルトレーナーの下倉です(^^)/

 

膝の痛みで病院(保険診療)に行くと思いますが、

基本的な流れとしては、

①先生の診察

②レントゲンの撮影

③再度先生からの診察

④ヒアルロン酸注射

 

まずはこの流れが基本的な流れだと思います。

決して悪くなく、ヒアルロン酸注射で疼痛が緩和するケースももちろんあります!

 

ただ、一週間で5回打ってみた・・・

治らない・・・

数カ月打ってみた・・

治らない・・・

数年打ってます・・・

治らない・・・

 

いつまで打ち続けますか!?

または、手術の提案もされていませんか?

 

※インターネット画像引用

ここで、ヒアルロン酸注射について話させてください!

ヒアルロン酸注射とは「軟骨成分の主成分であるヒアルロン酸」を

関節に直接注射で入れます。

 

膝の関節の中には、誰もが「関節液」が3~5ccで常に満たされています!

この関節液が、ヒアルロン酸です。

このヒアルロン酸は、「軟骨や半月板を保護したり、炎症を緩和したり、摩擦を軽減したりする作用がある」と言われています。

 

この関節液は、年齢によって分泌量が低下していると言われています。

40歳過ぎから徐々に減少していくと言われています。

60歳を過ぎると、1/4程度まで減少するとも言われています。

 

なので、ヒアルロン酸注射を打つことのメリット十分あると考えます。

注射で補充するということで、直接的に潤滑剤やクッション材としての役割も果たしますし、軟骨を保護する役割も果たします。

 

なので、軟骨の摩耗が主体となって現れる痛みには対しては、ヒアルロン酸注射は効果的と言っても間違いないと思います!

 

しかし、

時間と共に、筋力の低下が起こってしまい、特定の筋肉への負担が増えていく現象が現れます。

すると、歩き方にも変化が起こりそれがまた関節への影響を及ぼします。

 

例えばO脚の進行が進めば、

膝の内側へのストレスが増え、且つ内側に負担(荷重)が掛かり続けます。

すると、内側の半月板が変形して、軟骨へのダメージが増え、しまいには骨への影響まで及ぼします。

最終的には、手術というケースになる傾向が非常に多いです。

 

 

まずは、膝の痛みに敏感になりましょう!

ヒアルロン酸治療で疼痛が無くならなかったら、早めの相談をしましょう!

手遅れになる前に・・・