下倉 雄介
2017-10-18

膝が痛いのと、しゃがめない・・・

膝が痛いのと、しゃがめない・・・

こんにちは!

メディカルトレーナーの下倉です(^^)/

 

良く膝に支障をきたした方にこういった質問をされます!

 

Q. しゃがむと痛いんですけどなんでですか?

Q. 膝の痛みが治ったらしゃがめますか?

Q. 階段も下るほうが辛いです!

Q. 痛みが無くなれば階段も普通にできますか?

 

などです。

 

ここでの問題は二つ上げられます!

①疼痛

②可動域

※可動域は生理的問題が無い状態を指します。痛みがない状態で関節がどれだけ動くかです。

※今回は筋力の関係は省きます。

 

インターネット引用

 

『簡単に言うと、痛みがあって出来ないこともあるが、痛みがなくなっても出来ない可能性があるということです!』

 

 

上記質問に対して、今回は【可動域】の視点から膝関節と足関節のお話しをさせて頂きます。

まず参考可動域と言われている角度

●膝関関節

屈曲 130°

伸展 0°

 

●足関節

背屈 20°

底屈 45°

 

とされています。

膝関節は階段を下るには、100°~120°必要と言われています。

ちなみに正座は150°以上です。

 

 

お話をすると、意外にも「足関節」の可動域が必要と言うことをお伝えすると、

関心を持たれます!

 

特に【背屈】という動きを低下している傾向が多いです!

 

15°に低下すると動作可能ではあるが、重心が後ろに傾きます!

10°未満になるとしゃがみ動作は不可能になります!

 

膝が痛いのはもちろん膝の治療に専念しますが、動作を見直すと足首も大事なんですよ!

さっそく、足首の動きを確認してみましょう(^^)

 

そして、足首の硬さを感じるかたは、アキレス腱のストレッチをするのをお勧めします(^◇^)

こんなやり方や、タオルを使うと

 

 

こんなやり方です!

※画像はインターネット引用

是非、足首のセルフケアもしてみてくださいね😄