変形性膝関節症と姿勢の関係

こんにちは。

肩・ひざ関節痛クリニックの中田でございます。

本日も傘の出番ですね🌂

寒くてお膝が痛くなってしまう季節ではありますが、皆様いかが

お過ごしでしょうか。

 

今日は変形性膝関節症と姿勢の関係について、取り上げたいと思います!(^^)!

よく立ち仕事をしている方から、「膝に負担がかかってしまって、、、」と

ご相談を受けることがあります。

 

 

立ち仕事をしている場合には、その姿勢が問題となります。

背中が丸くなってしまうと、正しい姿勢とは言えず、背中がS字のような体勢に

なってしまうので、脊椎の上部からズレが生じてきてしまいます。

脊椎は、積み木を重ねているようなもので、上部がズレると、バランスを保つために

全体的にズレが生じます。

また、片側の肩ばかりに鞄をかけていると、こちらもバランスが崩れ、そのバランスを

保つように骨盤も傾きます。

 

このような骨盤の傾きによって、膝にかかる荷重も片側だけに偏ります。

その結果、片側の変形性膝関節症になります。

そして片膝に違和感が生じると、その膝に体重をかけないようにもう片方の膝に

体重をかけて立ってしまいます。

さらに歩く時も痛い方の膝をかばうように歩くので、骨盤や脊椎に歪みが

生じてきます。

その結果、両方痛くなってしまいます。

全て悪循環ですね。。

 

変形性膝関節症のご相談はこちらまでお申し付け下さい!

膝の痛みが出ましたら、自己判断せず膝の専門医までお申し付け下さい。

お気軽にご相談お待ちしております。