今の自分の【膝や肩】の状態をチェックできる!!!

こんにちは😆!

コンシェルジュの米内です🌟🌟🌟

突然ですが、、現在の肩や膝の痛みの原因をご存じですか!?

 

通常、一般整形外科で診察をされる際、

レントゲン撮影をしてから治療を始めることが多いかと思います。

その理由は・・・

①簡単

②短時間

③骨の全体像が分かる

だからだそうです。

ただ、当院へお越しいただく方は

「レントゲン撮影をしても特に問題ないと言われた。」と仰る方がほとんどです😣

 

当院でも、レントゲン撮影することは可能ですが、

可能であればレントゲンよりも詳しいMRIをお勧めしています😺💕

※こちらは当院のレントゲン室入口です🚪

 

MRIは、レントゲンでは判断できなかった

①骨にほんの少しひび(不全骨折)が入っている状態

②靭帯が切れている

③軟骨が傷ついている

④肉離れ

等をみることが可能です🎶🎶🎶

 

カウンセリングでは、担当医がMRIの画像をみながら

ひとつひとつ説明していくので

全く医療知識がないくても大丈夫です!

 

今までMRI撮影をしたことがない方へは、

MRIを撮影できる医療機関をご紹介することができますので

お気軽にお申しつけ下さいっ💓

お時間がない方やお急ぎの方へは

もちろん当院でのレントゲン撮影も可能ですのでご安心下さい💓💓

(¥10,800- 税込)

 

 

先ずは、痛みの原因を突き止めるために

レントゲンやMRI撮影からはじめては如何でしょうか。

お問合せはこちらから📩📞

関連する症状

関連する治療