下倉 雄介
2017-05-26

「変形性膝関節症の初期症状」立ち上がり時の膝の痛み

「変形性膝関節症の初期症状」立ち上がり時の膝の痛み

こんにちは(^^♪

メディカルトレーナーとしてリハビリを担当している、下倉(したくら)といいます!

銀座での「東京ひざ関節症クリニック」でもリハビリ担当していますm(__)m

 

 

痛みや悩みについての知識やアドバイスをブログにて情報発信していけたらと思いますので、

宜しくお願いいたします!

 

 

さっそく、本日は【膝の痛み】に関してです

 

痛みが出るタイミングもいろいろなケースがあるので、その中でも特に多い、

「立ち上がり時に出る膝の痛み」に関してです。

 

このケースの特徴としては、

しばらく座って休んだりした後に立ち上がろうとした際に、一瞬ズキッとした痛みが生じることがあります

これを、「スターティング・ペイン」と呼んでいます

 

これは、図①にある黄色の部分で示しているもので、関節内を満たしている関節液が循環せずに下方に溜まっており、関節のクッション作用が消失しているためと言われています

原因としては、アライメントの崩れなど含め、いろいろとありますが変形性膝関節症になる方の初期症状として現れる場合が多いそうです

図①

 

対策としては、立ち上がる前に数回膝を曲げ伸ばしすることで関節液が循環するので、痛みは軽減できます(^^)/

 

知っているのと、知らないとで、行動は大きく変わります!

この痛み発症のタイミングのケースは結構多いので、周りの方でもいたら是非教えてあげてくださいね(^_-)-☆

でも、早期発見!早期治療って本当に大事ですよ!